Back to Top↑

「 iphoneで撮った写真を表現する 」

私は現在iphone4を使っていますが、そのデジカメ性能に驚いています。
iphoneは何時も携帯しているので、シャッターチャンスにすかさず撮れるのが強みです。
そのiphoneで撮ったデータを、例えばブログやFBにアップしたり、カードに印刷したりするときに、
ちょっとしたことで撮った写真の印象ががらっと変わってきます。
最近、私もFBにiphoneで撮った写真を頻繁にアップしていますが、
よく、「これ本当にiphoneで撮ったの?」と言われますが、デジタル写真は後処理で印象が全く変わってくるのです。

画像処理までのプロセス

私が行っているプロセス概要は以下のとおりです。

  1. iphone4をMacにUSB接続する
  2. MacのiTunesを起動して同期後、iPhotoを起動
  3. iPhotoに写真データを取り込む
  4. iphoneをUSBケーブルでMacに接続して、iTunesを起動します。
    これでiphoneとMacが自動的にシンクロされます。
    次に、iPhotoを起動すると、iphone内の写真データが閲覧できるようになっています。
    その中からMacのiPhotoに取り込みたい写真を選択して、取り込みます。 iphoto
    ※写真はMacからiPhoneの画像ファイルを見たところです。取り込みたい写真を選択して、下の「取り込む」ボタンをクリックします。
  5. iPhotoで写真データを最適化してJPGに書き出し
    iPhotoに取り込んだデータをクリックすると以下の写真の上段の画面になります。
    次に「ファイル→書き出す」と進みます。そうすると自動的に画面が現れます(写真中段)。
    これは書き出すファイルの出力オプションですが、
    種類:JPG 、JPG品質:最高 、サイズ;フルサイズ を選択して、最後に「書き出す」をクリックします(写真下段)。
    デフォルトではデスクトップにJPGが出力されます。
    品質:最高、サイズ:フルサイズを選択したのは、この後に画像処理をすることを考えてのことです。
    画像処理を施すと、少なからず画像が劣化するので、処理を施す画像データは出来る限り画質の良いものを用意します。


    ※写真上はMacのiPhotoに取り込んだ画像を拡大表示したところです。下は「書き出し」のプロセスです。
  6. Photoshopで開いて処理
    デスクトップに書き出されたJPGファイルをPhotoshopで開いて画像処理をします。
    Photoshopには様々な機能がありますが、ここでは、「トーンカーブ」と「焼き込み、覆い焼き」の機能のみを使います。
    この2つの機能を使えば、かなり多様なことが可能になります。
    色調についての処理はJPGでは、あまり多くの事が期待できないので、なるべく使わないことにしています。
    この2つの機能を簡単に言うと
    • 「トーンカーブ」=写真全体の明るさコントラストをコントロールする
    • 「焼き込み、多い焼き」=写真の中のある部分のみの明るさ暗さをコントロールする
    ということになります。

    「選択ツール」で部分的な処理をコントロールすることもできますが、
    スナップやアート系の写真では、不自然極まりない結果になることがあるので、私は、極力避けています。
    この2つの機能の使い方については、簡単に説明ができないので、そのうち、なるべく詳しくアップします。

    ※Iphotoは最初からMacにインストールしてあります。PhotoshopはElementという廉価版バージョンでもOKです。

    プロセス

    サンプル写真上はオリジナル、下は画像処理後ですが、
    オリジナルの太陽の真下の海面から、手前の白波にかけて、「覆い焼きツール」で、狭い範囲で、明るくしています。
    同時に「焼き込みツール」で雲を暗くして、夕日とのコントラストを出しました。
    かなり印象が変わってきていると思いますが、どうでしょう?

    実は、「覆い焼き」「焼き込み」は銀塩のモノクロプリントやカラープリントで使われていた技術であり用語です。
    それらの微妙な処理をPhotoshopでは結構正確に効率的にできるようになっています。
    デジタル処理にしてはかなりファジーなテクニックだと言えます。
    これらのテクニックがあると、iphoneで写真を撮る楽しみも倍加すると思います。