Back to Top↑

Capture One 6 Pro備忘録Vol.20「スタイルとユーザースタイル」の登録

Capture One Proの「調整」ツールセットには、予め、様々な調整がセットしてあり、すぐに利用できるようになっています。
ユーザーが、ワンクリックで調整を適用出来る様に、

  • 組み込みスタイル
  • 組み込みプリセット

が用意されています。
例えば、あるポートレートのイメージファイルを、
この「組み込みスタイル」と「組み込みプリセット」でプレビューすることによって、
自分のイメージに近い調整を見つけ出すことができます。
この組み込みスタイルを適用した後に、自分で微調整を施し、
さらに自分のイメージに近づけることも可能です。
また、「組み込みスタイル+追加の微調整」をクリップボードにコピー後、「ユーザースタイル」として登録できます。
そうすることによって、同じ調整を他のイメージファイルにも適用できる上に、
調整のコピー&ペーストとは違い、複数保存することも可能です。
多数のカットを処理する場合、かなり仕事を効率化できると思います。
また、調整の記録としてノウハウを蓄積していくことも可能です。

※組み込みスタイルとプリセットの結果は、マウスオーバーだけで、瞬時に結果が確認できます。
素晴らしいスピードです。こういうところに、Open CLが威力を発揮していると思います。
以下が、「組み込みスタイル」と「組み込みプリセット」のプロセスです。

このイメージファイルがオリジナルです。
まず、黄色の矢印のメニュをクリックします。
組み込みスタイルB/W-Old Look1を選択したところです。レトロ調と言ったところでしょうか。各組み込みスタイルは、マウスオーバーするだけで、効果が確認できます。クリックするとそのスタイルが適用されます。
組み込みプリセットBlack and WhiteToning-Cyan 1を選択したところです。トーニングの種類が豊富です。
これだけ揃っているとサードパーティのプラグインメーカーは真っ青でしょう。
次に、適用したスタイルに微調整を加えたりした場合の調整を、自分だけのスタイルとして保存する方法を紹介します。

copy
↑ツールバーの「調整のコピー」矢印(上)をクリックして調整をコピーします。

mystyle
次に、1のマークをクリックします。「スタイルを保存」のポップアップが出ますので、保存ボタンを押します。
そうすると、「保存」のポップアップが出ますので、スタイル名を入力して、保存ボタンを押します。
以下のように、ここでネーミングしたマイスタイルは、ユーザースタイルに自動的に登録され、
以後、いつでもワンクリックで利用できるようになります。↓
mystle確認