Back to Top↑

Capture One 6 Pro備忘録Vol.19「スライドショー 」

Capture One Proのスライドショー機能です。
ツールバーの表示スライドショーで、自動的にスライドショーが開始されます。
もし、最初に開始したいイメージファイルがあったら、ブラウザ上で選択すると、
そのイメージファイルからスライドショーが開始されます。

スライドショー1

下がスライドショーが進行中の画面写真です。スライドショー進行中は、表示画面はフルスクリーンになります。
矢印は、コントロールパネルです。

スライドショー2

multiview

コントロールパネルです。スライドショーの最中は表示されていませんが、この場所にマウスオーバーすると表示されます。
  • 1カットずつゆっくりと閲覧したいときには、一時停止ボタンをクリック後、
    左右の←→をクリックします。スライド時間で表示される時間を指定します。
  • ×印をクリックするか、ESCキーで、フルスクリーンから元の画面構成に戻ります。
  • 黄色○が設定ボタン。設定ボタンをクリックすると、スライドショー設定がポップアップされます。
  • トランジションとは、「スライド表示の形態」で、
    デフォルトのフェードは、スライドショーで一般的なフェードイン・フェードアウトの表示形態です。
    ▲をクリックすると、様々なトランジションがプルダウンで表示されるので、好みの表示方法を選択します。
ムーブイン、ブッシュ、リピールは、通常の自動スライドショーの場合はイメージファイルが左からスライドインして表示ますが、
←→を使って1カットづつ表示する場合、(戻る)をクリックしても左からイメージファイルがスライドインして、ちょっと面食らいます。
の場合は、表示されているイメージファイルが左にスライドアウトするようにすると自然なのではないでしょうか。